1/20(土)エレファンタ島へお出かけ!

今日はエレファンタ島とうムンバイの湾にある島へ行って来ました!

まずは、フェリー乗り場のあるインド門へ。

あ、その前に腹ごしらえ。

昨日も行ったフードインというレストランへ。
比較的、安くて助かります。
マルさんの贅沢グセを制御、制御~♪

インドのカレーは毎日たべたくなるから凄い。
おいしいな~!
日本のカレーは美味しいけど、毎日は食べられないもん。

タージ・マハル・ホテルを見ながらインド門へ。
天井部分には当時のエッフェル塔と同じ鉄骨が使われているとか。

インド門の手前にフェリーのチケットオフィスがありました。
料金はひとり往復200ルピー。

インド門。

インド門の裏からの船に乗船。

いざ、出発!

インド門から船で1時間ほどで、エレファンタ島が見えてきた。

船員さんがお菓子を売り始めたと思いきや・・・

なんと、カモメのエサ!
子どものように無邪気にお菓子を投げるインド人。
無くなると、また買ってを繰り返していた。

エレファンタ島に上陸。

桟橋のような長い道をミニ列車が走っていた。
頻繁に行き来している感じではなくて乗れず・・・

ただ、ものすごい暑いのでタイミグさえ合えば乗った方が良いかも。

お土産屋さんが立ち並ぶ。

エレファンタ島のシヴァの3面像の置物など。

石窟まではひたすら上り。

お、ガンジーの置物だ!

ゆっくり階段を上って、20分ほどで石窟寺院に到着。
入場料は500ルピー。

ここにもエローラやアジャンターのようなヒンドゥー教の石窟寺院がある。
ぜんぶで5窟あるがポルトガル人に破壊され、まともに見れるのは第1窟のみ。

ここには食べ物を持っているサルが多かった。

ビスケットサル。

可愛い顔してアイスを食べているが、
数秒前にはアイスと同じ色の服の女の子にとびかかっていた。

アイスを大事にしすぎていたサル。
数秒後に黄色いアイスを持ったサルに盗られていた。

第1窟の内部。
6~8世紀に作られたようなので、エローラ石窟群と同じ時代だ。

基本、シヴァ神を祀ることに特化した寺院のようだ。

シヴァ神とヒンドゥー教の神々。

こちらが有名なシヴァ神の三面上半身像。
やっぱ暖かいと記念写真を撮る気分にもなる。
寒いと、さむーい!ってなっちゃうもんね。

暑いしバテバテ。
1時間半ほど観光して、エレファンタ島をあとにした。

夜は宿の近くになるローカルレストランへ!
もう、優しいスタッフばかりで驚き。

そしてアンナプルナ・ターリーというのを注文。
225ルピーで、このボリュームが凄い!
清潔感もあるし、これがローカルレベルなの!?

帰りにブドウを買って帰宅。

明日は列車でヴァスコ・ダ・ガマの埋葬された地、コーチへ向かいます!