1/26(金)カーニャクマリからマドゥライ

朝からホテルが騒がしい。
他の部屋のシャワーの音、廊下を歩く音。

どうやら、みんな日の出を見に行くようだ。

5時半にはスタッフが部屋のブザーを鳴らし。
サンラーイズ!と叫んでまわっていた。

さすがに僕たちも起きた。

海の方へ行くと、たくさんの人で溢れていた!
まるで花火大会でのようだ。

昔の詩人の像がライトアップされていた。

6時半になっても太陽さんは出てこない。

曇りの様子。僕たちは早めに切り上げて二度寝。

ホテルの屋上でも、まだかまだかと日の出を待っている人たちがいた。

10時くらいに再び外に出かけた。日も昇り、外は暑い!

近くの教会までお散歩することにした。

カラフルな家々が目立つ。

こちらも教会。

11時半のランチめがけて、
清潔なレストランSARAVANAへ。

南インドのミールス。
全体的に甘めでおいしい。

ミルクティ。

お腹いっぱいでマドゥライへ向けて出発!

ローカルバスだったので1人400ルピーと安め。
賑やかなインド人の多いバスだった。
こんな景色。

日も沈んでいった。

暗くなってからマドゥライに到着。

この日は宿を手配していなかったので、
一軒ずつ探して歩いた。

EMPEEというホテルに泊まることにした。
2人1泊1200ルピーだ。

夕飯は駅前のキレイそうなお店へ。
人もたくさん入っていて人気店のようだ。

地元のレストランなので安い。

マサラ・ドーサイを注文。
おいしい!

明日はミーナークシー・アンマン寺院を見に行ってから、
次の町、ティルチィへ向かう。