10/17(火) ビシュケクのウズキスタン大使館へ

こんばんはモフです。

今泊まっているさくらゲストハウスにはビザ待ちの旅人がたくさんいます。現在は日本人5人くらいとインド人2人、フランス人2人がいて数日前にはもう少し居たけどどんどん減っていってます。みんな目的のビザが取れて次の目的地に向かっていってます。ぼくたちはウズベキスタンビザを取るだけなので1週間ほど滞在の予定です。その間、内容のないこのブログがさらにすっかすかになりそうな今日この頃です。

 

 

マルさんの熱は下がって風邪はだいぶ良くなりました。環境の良いさくらゲストハウス滞在中に風邪をひいて本当良かったです。

今日はビザ申請のため9時には家を出てウズベク大使館へ向かいました。

ウズベク大使館へはT11のバスで途中まで行き、適当にマルシュルートカに乗って20分ほどで到着しました。

このオックスフォードインターナショナルスクール右横のゲートが大使館へ続く道になります。

ぼくたちは9時半に到着して早すぎたので警備員に10時に来るよにと追い払われました。

10時前にゲートの中には入りウズベク大使館に行くとすでに並んでる方々が8人ほどいて業務も始まっていました。

僕たちは15分ほど並んで中へ入り書類を渡しました。

特に何事もなく金曜日に確認の電話をするように言われました。

 

オフシーズンだからなのか思っていたよりもスムーズでした。

 

帰りはビシュケクで一番美味しいと噂のCafe Faizaへ。

 

こちらがCafe Faizaさん、キルギス料理のレストランです。外観はモスクのような雰囲気。

店内は広くトルコランプとウェイトレスさんのターバンがかわいらしい。
11時半に店内に入った時には空席もありましたが12時前には満席になっていました。

 

キルギス風クレープといったところえしょうか。モチモチ感が半端なくて沖縄のちんびんのような食感でした。これを蜂蜜につけて食べますが付けなくても甘みがあり美味しかったです。

 

ビーフストロガノフです。マルさんが雰囲気だけでもカレーライスが食べたくて注文。長細く切ったこのお肉が食べ応えもあっておいしいかったです。

 

ラグマンです。スープがないラグマンはウイグル風なんだそうです。マルさんも大好きなセロリも入っていてとても美味しかったです。

 

マントゥ入りのスープ。残念ながら注文しすぎてこちらは手を付けれませんでした。スープは乳系で中に小さなマントゥが15個くらい入っていました。これ一つでもお腹いっぱいになるやつでした。

 

こんなに頼んでも700ソム(日本円で約1,200円)安くて美味しいのでお客さんも多いんだなー!と文句なしで納得しました。


Cafe Faizaの場所はこちらです。西バスターミナル近くにも店舗があるようなのでビシュケク滞在中にそちらも行ってみようと思います。

帰りはスーパーによって帰宅。

今日はビザ申請という大仕事をしたので午後からはゆっくり休憩。

同じ部屋のフランス人の旅人が国に帰るところでした。

マルさんもだいぶ良くなったので久しぶりにお夕飯を作ってもらって食べました。

明日はモフの兄貴が宿に帰ってくるのでマルさんと2人で夕飯を作ろうと思います。

おやすみなさ。