10/19(木)ボコンバエバ村で移動式住居ユルタに宿泊

こんにちは、モフです。
中央アジアのナンが美味しすぎて、無くてはならない存在になりつつある今日この頃。
来週のビザ受け取りまでイシク・クル湖の周辺に行ってみることにしました。
今日はボコンバエバ村まで行って移動式住居のユルタに泊まってみようと思います!

今日もマルさんに朝ごはんを作ってもらって3人で仲良く食事。

 

タクシーを10時に予約したけど、ギリギリまで準備。
結局少し待ってもらって、モフとマルとモフ兄で最後に記念撮影しました。

 

 

西バスターミナルに到着。
ちょうどマルシュルートカが行ってしまったので最初から待つことになりました。

なかなか人が集まらないのでモフはターミナル内を散歩。

歩いているとポリスと目が合いました。そしてなぜか握手。

ポリス「パスポート見せて!」

モフ「マルシュルートカにあります。」

ポリス「ちょっと来なさい!」

ターミナル内のポリスの汚い部屋に連れていかれました。
ドラクエの地下牢みたいなところがあって、おじさんが牢に入れられていました。

ポリス「コカイン持ってんじゃない?」

モフ「ノー!ノー!ノー!」

全ポケットと靴下の中を調べられました。

最終的に車にパスポートを取りに行き、確認してもらい解放。

パスポートを携帯しておくべきでした。

 

マルシュルートカは1時間半ほどで満席になり出発しました。運賃は1人400ソムでした。(←ぼられたかも。)

 

イシククル湖に近づくにつれて広大な景色が現れました!
よくビシュケクにずっといたなーと思うくらい自然豊かでいいところです。

ビシュケクを12時に出発してボコンバエ村に16時過ぎに到着。
モフの兄が数日前に泊まったというベルタムユルタキャンプに向かうことにしました。

 

ターミナル付近からタクシーで300ソムで行ってくれました。
僕たちは直接行きましたが本来はツアー会社のCBTで確認した方が良いみたいです。

 

ベルタムユルタキャンプ到着。
すごく不思議な感じ!でも中に入ってみると意外と居心地がいい。

 

子どもがずっと遊んでいました。ここのキャンプの子どもかな?

 

この日はドミトリーしか空いていませんでした。
ポルトガル、スウェーデン、カナダ、ブルネイと各地から旅人が泊っていました。

 

ドミトリー1人1泊650ソムで、ディナーが350ソムでした。

 

イシククル湖はしょっぱい場所もあるみたいだけど、ここは全然しょっぱくありませんでした。

 

数秒前まで立ち小便していたおじさん2人。

 

 

騒がしユルタから人が沢山でてきて踊り始めました!
どうやら結婚式だったようです。
僕たちも踊りに参加することに!

 

みんな私服のおじさん、おばさんで誰が主役か分かりません。
たぶん一番派手に踊っていたこの2人が新郎新婦さん。

 

ふたりの子ども、踊るときはおばあちゃんに抱っこ。

 

疲れはてるまで踊らされて、外人だと思ってウォッカ飲ませて、とんだピエロだ!!!
マルさん楽しそうにキレてました。

 

踊りも終わり羊のスープを飲みながらゆっくり。
けっこう獣臭くてマルさんは飲めませんでした。

 

一番大きなユルタでお夕飯の宴、軽く30人くらい中に入っていました。

こちらはキルギスの伝統料理ベシュ・バルマック。
茹でた面と細かく刻んだ羊肉を混ぜたもので結婚式で必ず振舞われるそうです。
とても不味いです!

そんなに長引かずお夕飯は40分ぐらいでお開き。
数日に渡って結婚式するみたいなので遅くまではやらないのかもしれません。

この日は天気が良く満天の星空を見ることができました。
明日はモフの兄がオススメしていた凄く親切なおかあさんのいるゲストハウス&スカスカに行ってみようと思います!

おやすみなさい!