10/8(日)カザフスタン入国とアジア上陸

昨日の夕飯後から動き出した船は止まることなく進んでいます。

それにしても夜中は結構ゆれました。

 

 

朝ごはん。

トルコ人のおじさんが魚肉ソーセージを1つくれました。

わーい!

 

 

カザフスタンの陸地が見えてきました。

もうそろそろです。

 

お昼ごはん。

素麺をつかった料理。これが美味しかった!

 

14時、シーツを回収する呼びかけが!

これがあると到着が近いということ!

 

 

マルさん部屋の扉にタックル中。

※部屋の扉が歪んでいて強い力を加えないと開きません。

 

アクタウの港が見えてきました。

 

港に到着するとぞろぞろと警察が・・・

あー!

顔がスーパーアジア人!

声に出してはないけど結構ビックリ!

 

落ち着いてから声に出してマルさんと話す。

 

びっくりした!

カザフスタン人ってこんな感じなんだ!

 

入国カードを渡され記入。

 

そして荷物の中身を全て出してチェック。

犬もクンクン。

 

なんて大変な荷物検査なんだ。

キレイに詰めてたのにグシャグシャになりました。

 

 

その後はバンに乗ってイミグレーションの建物へ移動。

 

ここは人数もいてスムーズ。

 

無事に入国。

アジアにやってきました!

 

トラックの運転手のカミルさんに乗せてもらう約束をしていたので外で待機。

なかなか来ない。

 

マルさんはしびれをきらしている。

もう町まで行きたい様子。

 

うーん。でも約束したしな~

 

なかなか来る気配がないのでマルさんに従うことに。

ちょうどタクシーに乗ろうとした瞬間、カミルさんがやってきた。

どうやら問題が発生したらしい。

トラックを含む自動車はしばらく入国できなくて早くても24時くらいになるとのこと。

 

残念だけど迷惑をかけてもいけないので自力で行くことに。

カミルさんにお礼を言ってお別れ。

またトルコに遊びに行きます。

ギョルシュルズ~!

 

 

再びタクシーをつかまえて町の中心へ。

港から町の中心まで3000テンゲ。

 

カスピ海に沈むアジアの夕日がとてもキレイでした。

でも車内では運転手さんのオナラがとてもにおっていました。

 

降りるときにすごい顔してたのでお腹痛かったのかもしれません。

 

 

アクタウの町がいまいちよく分からなかったのでセンターへ向かってもらったが本当に何もない。

 

目の前にあったアクタウホテルに泊まることにした。

 

ふたりで17000テンゲ。日本円で5,610円ほど。
ちょっと高いけど変に探しても無さそうなのでここにしました。

 

近くのスーパーで総菜を買ってお夕飯。

いろいろ買って3000テンゲ。約1000円。

白米のごはん、キムチ、コアラのマーチに感動!

 

明日はアクタウからトルキスタンへ向かう列車へ乗る予定。

とりあえず朝一番に鉄道駅へ行ってみようと思います。

おやすみなさい。