11/30(木)世界三大洞窟の芙蓉洞

今日は重慶から武隆へ移動し、世界三大洞窟の一つ、芙蓉洞を見に行ってきました。
中国の世界自然遺産の中で唯一の鍾乳石洞窟です。
沈殿物種類が世界一で30種類以上、主な岩石は5億年前の白雲岩のようです。
ちなみに残り2つの世界三大洞窟は、アメリカのマンモス・ケーブとフランスのラスコー洞窟。
最も長い洞窟、壁画の凄い洞窟、そして鍾乳洞の凄い洞窟。 重慶のモノレール3番線の四公里駅を降りて北東に少し歩くと
重慶四公里バスターミナルがあります。

武隆行のバスありました!!
1階のインフォメーションのようなところでチケットを購入。
出発が19:40と表記されていてびっくりしましたが、
どうやら集まり次第出発するマルシュルートカ方式のようです。

ちょうど11時くらいに出発。片道1人60元(≒1,020円)でした。
ちなみに列車だと硬座で約416円、バスよりも30分ほど早いです。
帰りはこっちかな。

2時間半ほどで武隆に到着。
今日泊まるホテルを決定。
朝食込みで2人で1泊168元(≒約2,854円)でした。
さっそく荷物を置いて芙蓉洞へ出発です!

芙蓉洞へは江口行の路線バスに乗って終点まで向かいます。
料金は4元(≒約68円)で終点までは30分ほど。

終点に到着すると、芙蓉洞までの送迎車の看板があります。
僕たちは先ほどのバスの運転手さんに電話をしてもらいました。

10分ほどで芙蓉洞行の車が到着。
2人で10元でした。

15:00に芙蓉洞に到着。
入場料は1人100元(≒約1,700円)
16:00には閉まるから急いで行って来るように言われて猛ダッシュ。

ロープウェイに乗って芙蓉洞のある山へ向かうんだけど・・・
一山、二山、三山、えーーーーー!!
どんだけ遠いとこにあるのーーー!?って思うくらい。
15分ほど真っ白の霧の中を進んで、やっと到着。

時間を気にして焦りすぎて、出口方向に向かってしまいました。

滑ってケガしても危ないし落ち着いて見よう!ってことで時間をあまり気にしないで見学することにしました。

入り口はこちら。ソワソワ。

中に入ってメガネが一気に曇りました!!あわわ!
気温は常に17℃~20℃のようです。
ダウン着て入っちゃダメなところでした。







一生分の鍾乳洞を見たんじゃないかってくらい凄かったです。

外に出ると16時、お土産屋さんがお店を閉めて帰るところでした。
急いでロープウェイに乗って下山。

乗り合いの送迎車にも無事に乗って江口の町へ。

そのままバスで武隆へ戻りました。

武隆のバスターミナル横にあった鍋屋さんで辛くない鍋を食べました。

料金は2人で134元(≒2,278円)でビュッフェです。

店内はこんな感じ。
鍋の具材は中国らしいゲテ物も多数ありましたが見るだけ楽しんで食べるのは諦めました。

魚介類もいろんな種類がありましたがあんまり美味しくありませんでした。
久しぶりに野菜が食べれたので良かったです。

温まりホテルでゆっくりです。

窓の外には武隆の人たちの生活が見えました。

明日は、羊水峡の大自然が作り出した大傑作と言われている天坑三橋を見に行こうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA