11/13(月)アルマティ到着。

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZEO31+ERO3ZM+327I+BZVU9&asid=a18040344298″ target=”_blank” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”468″ height=”60″ alt=”” src=”https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180403309893&wid=001&eno=01&mid=s00000014283002015000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2ZEO31+ERO3ZM+327I+BZVU9″ alt=””>

ウズベキスタンのタシケントからカザフスタンのアルマティへ列車で移動しました。
列車は新しくてキレイなんだけど、座席が後ろに倒せないので意外と寝にくかったです。そのため、朝起きたら疲労感が・・・
これなら夜行バスのほうが良かったかもしれません。

9時35分にアルマティⅡ駅に到着。
アルマティⅠ駅と2つあるのがややこしい、中心地はⅡの方。

チケットオフィスで次に向かう中国のウルムチ行の列車を確認。
事前に調べた情報通り、ウルムチ行は毎週土曜と日曜のみ。
6日もアルマティに滞在するつもりはないのでバスにしました。

とりあえず地下鉄に乗って、下調べしていたSilk Wayという宿へ。
地下鉄は80テンゲ。
宿は少し高かったけど、疲れていたのでここに決めて仮眠をとることにしました。
マルさんは宿の前のカフェへ朝ごはん。

マルさんが帰ってきたので、
次はマルさんが仮眠。

その間にモフはバスチケットを買いに行くことに。
宿の人に長距離専用のサイラン・バスターミナルへの行き方を教えてもらいました。

宿の前にあるトレ・ビ通りを西へ進む126番、16番、37番のバスに乗って西へひたすら30分程度でしょうか。
バスの料金は150テンゲ。
目印は大きな干潟。サイラン・バスターミナルの横に急に現れました。

東欧、コーカサス地方、中央アジア、旧ソ連の国々はほぼマルシュルートカだったので、大型バスは久しぶりです。

カザフスタンのバス会社と中国のバス会社があると聞いていましたがよく分からなかったので建物の中へ。

建物の中には分かりやすいチケットブースがありました。
ちょうど行ったタイミングがお昼休憩だったみたいで、
しばらく待機していると13時前におばちゃんが帰って来ました。

2日後の11月15日のチケットを購入。
1人16000テンゲでした。
出発時間は7:00です。

帰りのバスは満員、道も混んでみたいで宿に帰るまで40分くらいかかりました。

宿でお昼寝です。

ちょっと仮眠を取ったら外に観光に行こうと思っていたけどダメでした。

結局、夕方にお夕飯を食べに外へ。

いつのまいか冬の空気です。

トリップアドバイザーでアルマティ11位のインド料理屋さんへ。

 

ナンとチキンカレー、サグカレーを注文。
久しぶりにカレーを食べました。
おいしいです。
食べたかった味です。

列車疲れがなかなか取れないので宿に帰っておやすみしました。
明日は1日アルマティ観光をしようと思います!!

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZEO31+ETGESY+39EO+626XT&asid=a18040344298″ target=”_blank” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”468″ height=”60″ alt=”” src=”https://www22.a8.net/svt/bgt?aid=180403309896&wid=001&eno=01&mid=s00000015216001018000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=2ZEO31+ETGESY+39EO+626XT” alt=””>