11/15(水)アルマティから寝台バスで中国へ!

5:30起床。
ホテルに呼んでもらったタクシーが6:00に迎えに来てくれた。
ドライバーさんはすごく人の良さそうな人だった。

バスでは30分以上かかった道のりをタクシーは半分の時間で到着してくれた。

バスターミナルの中で待っていると、見覚えのある旅人がやってきた。
東欧辺りから、たまに出会うアイルランド人の女の子2人組のうちの1人だった。
3度目の再会に盛り上がる。
もう1人の女の子はインドへ向かったらしい。
彼女は、これから中国を長期で周遊して旅を終わりにするそうだ。

マルさんバスの中に土足で入って怒られる!絨毯が敷いてあったからだ。
バスは7時半に出発。

トイレ休憩が午前中に2回あり、昼過ぎに国境に突入した。

カザフスタン側の国境の手前でバスから降ろされて一列に並んでパスポートチェック。
これが2回ほどあったけど、やる意味がわかりません。
出国は何事もなくスムーズだった。

中国のボーダー。14時30分頃。
到着してすぐに荷物と一緒に人もベルトコンベアーの上に乗って軽い荷物検査。
ギャグなのか真面目なのかわからない。
入国カードを記入しイミグレーションで簡単な質問。
マルさんは最後の荷物検査でひっかかった。
犯人はジョージアで買ったインド製のコーヒーミル。
これは毎回ひっかかるけど、説明するとすぐに分かってもらえる。

国境の外で1時間近くバスを待った。
その間、たくさんの中国人が国境の前で記念撮影をしに来ていた。
日本には国境がないから、少し不思議な光景に感じたけど、
海や山で写真を撮るのと同じくらい自然なことなんだろうと思った。

17時にお夕飯。
僕たちは手持ちが30元しかなかったので、20元のラグマンを15元に負けてもらった。
中国のラグマンは野菜がたくさんのっていて美味しい。
ただ麺が大盛すぎて全然食べきれなかった。

この日はお夕飯後18時にバスに乗って、すぐに消灯。
寝台だからなのか、寝ても寝ても寝れる!!