1/17(水)エローラ石窟寺院群へ!

8時半にアウランガバードに到着したモフとマル。
1Aの寝台だったので夜行バスのような疲れがない。8時半にアウランガバードに到着したモフとマル。
1Aの寝台だったので夜行バスのような疲れがない。

アウランガバード駅前。
セントラルバスターミナル付近まで80ルピーで向かってもらった。

目星をつけていた、デププリヤというホテルは満室。
清潔感があって人気のようだ。
キレイな宿が少ないバスターミナル周辺。
僕たちはカララクシュミというホテルに泊まることにした。

お腹ペコペコだったので、近くの清潔そうなお店へ。

はじめてのマサラ・ドーサは意外とおいしかった!

ホテルで少し休憩。
ゴミ山をあさる豚を横目にセントラルバスターミナルへ向かった。

まだ動いているバスに勢いよく乗るインド人。
扉に引っかかって、ケガしそうになっているおばあちゃんもいた。

エローラまでは1人32ルピー。
1時間ほどでエローラ石窟群に到着した。

ハヌマーンラングールがお出迎え。

入場料は500ルピー。
エローラ石窟群には34の石窟がある。

入ってすぐに見えたのが第16窟のカイラーサナータ寺院。
ヒンドゥー教の寺院だ。

巨大な岩石を切り開いて造った石彫りの寺院は、インドでもここだけ!
完成まで100年以上かかったという。

寺院を支えるゾウの群れ。
ゾウはシヴァ神のすまいであることは意味するみたい。

本殿内部。

本殿の周りにある小堂。

気付けば元気いっぱい!!
少し前まで体調崩していたのか不思議なくらい。
後ろの崖から見た、第16窟。

続いて、第12窟。
こちらは仏教石窟。
一見、アパートのように見える石窟。

マルさん中に入る気なーし!
階段は疲れるもんね。

3階の講堂では、僧が瞑想中。

第10窟も仏教。

チャイティヤ窟と呼ばれる仏塔を祀るための場所。

第1窟~第9窟。
全部見ていたら大変なので、遠くから。

暑くて、見てらえない。

第22窟くらいの前でパシャリ!

第28窟から第29窟へ続く道は、がけ崩れで通行禁止。
第29窟は良いらしいけど、迂回するの面倒だったので却下。

シャトルバスで少し離れた30番台のジャイナ教の石窟群へ。

第32窟。

ここは内部で第33窟と繋がっている。

マンゴーの木の下に座る女神。

エローラ石窟群のハイライトは第16窟のカイラーサナータ寺院。
これは間違いない!

でも、もっと凄いのは3つの宗教の石窟が並んでいること!
仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教。
どの石窟も造られた時期が7世紀から9世紀。
他の宗教同士と昔から仲良くやっていたようだ。

すごいね。

帰りのバスを捕まえてアウランガバードへ。

アウランガバードに到着。
降りてないのに乗って来ようとする人たち。

ラジャスターン地方のターリーが食べられる。
ターリーワラズ・ボージというお店へ。

次から次へとお代わりを入れてくる光景は見もの。
ちょっと辛めだけど、とても美味しいターリーでした!!

ぶどうとザクロを買って帰宅。

ぶどうは1㎏80ルピーという安さ。

明日はアジャンター石窟へ!