12/25(月)モケに会ってサールナート

この日は仏教4大聖地の一つ、サールナートに行って来ました!
そして、深夜特急で神様人形を売っていたモケにも会うことができました。

すしカフェで朝ごはん。

銀行を探しながら少し散策。

花売りのおばあちゃん。

宿の通りに野良犬が多くてうんざり。

宿のお兄さんに近所の鉄道チケットの代理店へ連れて行ってもらいました。
手数料が400ルピー。
今回だけ、ここで買うことにしました。
よくよく考えると凄く高かった・・・

子牛もいます。

親切にしてくれる宿のお兄さんのアストスさん。
どうやら、クリスマスだから宿に遊びに来ていただけで、
本当はお土産屋さんをやっているとのこと。
お世話になったのでお店まで行ってみることにしました。

お店に行くと、「深夜特急」や「ガンジス川でバタフライ」の撮影中の写真を見せてくれました。

そして、店番をしていたアストスさんの従兄のムケさん。
みんなで記念撮影。
ムケさんは25年前に深夜特急で大沢たかおに神様人形を売っていたモケという少年。
顔が全然変わっていません。。

あの頃の大沢たかおは痩せていて、
タバコばっかり吸って、ジャンキーだったけど、
最近は少し太ってきて良くなった。
流暢な日本語でムケさんは語っていました。

ムケさんに勧められて郊外のサーナルートへ行くことに。
2人で往復500ルピー(≒850円)でオートリキシャを手配してもらいました。

クリスマス渋滞もあり、片道1時間ほどでサールナートに到着。
入場料は200ルピー(≒340円)

初転法輪の地といわれるサールナート。
この地で釈迦は、かつて共に修行した5人の修行者と再会。
自分が悟った真理を初めて語り、この教えはやがて世界へと広まり、「仏教」が誕生しました。

クリスマスなので、サンタ帽をかぶっている人がちらほら。

インドから中国、朝鮮半島、日本列島へ仏教文化が伝わり、
インドの言語が日本語になったとわれています。
トゥーパのトゥ⇒日本語の塔に、バは日本語の婆になったようです。

ダメークストゥーパ寺院。
ストゥーパ
とはサンクリット語で土を持ったものという意味。
五重塔などの起源はこのインドのストゥーパといわれています!!

ムール・ガンダクティ寺院。

近くの仏像。

日月山法輪寺。

ドライバーさんと一緒にお参り~♪

1時間くらいかけてヴァラナシに戻ってきました。
クリスマス渋滞おそるべし!

すしカフェで、お夕飯。
煮込みハンバーグは食べ応えがあって、
とてもおいしかったです!

インドにも美味しい料理がたくさん!!
明日はガンガーへ行ってみようと思います♪