3/12(月)~3/13(火)チパナス温泉郷へ!

50時間のバスでボロボロになった私たち。
救いだったのがバンドゥンには温泉があったとうこと!
この日はバスで2時間ほどのところにあるチパナス温泉郷へ行くことにした。

宿のスタッフさんに教えてもらった行き方のメモ。

タクシーでガル行のバス乗り場にやって来た。
ガルという町も広いらしく、その中のダロゴンで降りたいと伝えて乗車。
1人75,000Rpルピアと言われて払っちゃいましたが正規料金は35,000Rp。
2時間ほどでダロゴンに到着。

ダロゴンに到着すると茶色のベモに乗って温泉宿の近くへ。
この乗り物は一律5,000Rpなので騙される心配はなし。

カンポン スンベル アラム ガルッ
という人気の温泉宿にやって来た。

  一番安い部屋で朝食も付いて2人1泊750,000Rp、日本円で5,800円くらい。
日本でこんなところに泊まることを考えると破格の値段。

敷地内は意外と広くてびっくり!!

有難いことにチェックイン時間の3時間前に部屋に案内してくれた。

部屋からの眺め。睡蓮の咲き誇る池には魚がたくさん。

部屋には源泉かけ流しの温泉がじゃぶじゃぶ。
良いお部屋になると露天風呂もあるとか。

敷地内のレストランでおひる。
ちょっと高め。

敷地内にある温泉プール。
マルさんもプカプカ浮いて楽しむ。

小さなプールは普通に40度くらいの温泉。

宿の前の通りの商店でお菓子やカップ麺を買いに行ったけどスーパーの2倍以上の値段。
ちょっとしたリゾートな感じので仕方ない。

猫が遊びに入ってきたりもした。

夜になると昼間は閉じていた睡蓮の花が咲いていた。

1泊2日温泉に入りまくってのんびり。