3/9(金)~3/11(日)ブキティンギからバンドゥンまでバスで50時間!!

ブキティンギからバンドゥンまで50時間のバス移動!
こんな長時間のバス移動は人生初。
色々と予想外のことばかりのハチャメチャな旅になりました。

私たちジャカルタ行きバスを毎日運行しているNPM社を利用しました。
もう1社のANS社という所のバスは座席が広いようですが毎日は運行しておらず日程が合わず・・・。

NPM社のバス。
こんなの警察車両くらいしか見たことないわ!

所要48時間かかることを知らされました。
予約してくれたホテルのお兄さんから32時間って聞かされてたので大ダメージ!

休憩所にいた山羊。
トイレ休憩や食事休憩でバスが止まるのはよくあります今回のバスは一味違いました。

1.朝晩のお祈り休憩。
2.定期的に修理ストップ。
3.路線バス業務。
短い距離でお客さんを乗せては降ろしてを繰り返すのでなかなか進みませんでした。

1日目の夕方まで6時間以上にかけて進んだのは100キロほど
日没後から頑張って走って1日かけて300キロほど走ってくれました。

2日目も同様で朝から路線バス業務。
もしかして今日到着するんじゃないか・・・?という期待をしていましたが全く期待に応えてくれず!!

結局3日目の深夜3時にスマトラ島の東端の港に到着。
こんな時間でも車両を運搬するフェリーは行き来しているようで待つことなくバスごとスムーズに乗船。
国内の島渡るだけなのにオランダ人の旅人は質問攻めにされていてちょっと可哀そうでした。

ジャワ島の港の明かりが見えてきて安心したのか爆睡。
目を開けたときにはジャカルタに到着していた。
ブキティンギからちょうど48時間。
この時バスが次の目的地であるバンドゥンへ行くことを知り、そのまま2時間バスに乗りバンドゥンへ向かった。

バス2泊3日の移動中に食べたもの。
リュウガンというフルーツを初めて食べました。

木の実をパカッと開けるとらっきょうの様な果肉が出てきます。
味はブドウ、食感はナタデココ。
中に種が入っていて食べちゃうと苦かったです。

途中休憩で食べたインドネシア料理。
食べた分だけ支払うスタイルです。
大体どこの店もごはんとおかず1品で25,000Rpでした。
日本円で190円くらい。

長時間のバス移動は2度と乗りたいとは思いませんが
緑豊かなスマトラ島の景色を眺めながらのバスの旅は貴重な経験になりました。
時間さえあれば1度くらいはありだと思います。