6/14(水)モロッコ到着🇲🇦

 

こんにちは٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱
ジブラルタル海峡をフェリーで渡り、海路で国境越えの今日。

 

夜行バスに乗る前に、荷物の重さを測ってたけど、アレは船にバスごと乗るためだったのね(●´ϖ`●)

なかなかギリギリまでバスに乗せてくれないなぁと思ってたら、
スタッフがバスのカーゴをテーブルがわりにして、
ディナータイムしてました。驚いた〜。

 

✴︎
✴︎

マドリード初モロッコ行きのバスは、週に3便しかありません。
なので、バスの中は終始お祭り騒ぎ。

修学旅行かってくらい賑やかなバスの中。
おやつ交換したり、スマホで電話したりしてるの〜。みんな大人なのに。
しかも9割モロッコ人。
運転も荒め💦

全然寝れないではないか(●´ϖ`●)

 

モロッコはいっきにイスラム国になるので、私も長袖長ズボンで、靴に履き替えて頭から布をかぶってみた。

キャラクターみたいになったわたし。

途中、夜中の1時くらいにセビリアのあたりのサービスエリアでごはん休憩。

ちょっと驚いたのが、まだまだここはスペインだと思ってたけど、売ってるものも人も食べ物も、ほとんどスペインの雰囲気ゼロ!

そして、みんなすごい食べるなぁと思ってたら、そういえばラマダンですね!
ラマダン(断食)は、陽が出てる間は食べれませんが、日没から日の出までは食べてもいいようです。

私達はジュースのんでポテチ食べて、またバスに戻りました。

バスは何度かトイレ休憩しながらタリファに到着。
タリファから9時のフェリーでモロッコのタンジェに行きます。

と、ここで、バスを一度降ります。
荷物もぜーんぶ降ろして、出国審査。
出国審査が終わったら荷物をバスに戻して、
フェリーに乗ります。

想像以上のフェリーにはしゃいでごはん食べてたら、
横を見ると長めの行列ができているではないですか。

なんだろねーVIPルームに入るために並んでるのかねー。

とかのんきなこと言ってましたが、なんと、入国審査を船内でやっている!!
そんなアナウンスなかったけど、どこかで入国審査は受けないといけないので、とりあえず並びます。

しかも、船がかなり揺れる💦

揺れる船内で入国審査のカードを記入。

途中で酔い止めを飲みました。
酔いやすい人はもちろん、ふだん酔わない方でも、酔い止めを飲むことをオススメします。
乗り慣れてそうなモロッコ人がほとんどグロッキーでした💦

無事に入国スタンプ押してもらって、船に揺られること1時間。

無事にタンジェに到着。

GPSの地図アプリ、マップスミーで居場所を確認すると、バスターミナルに行くよりここから歩いた方が近い。

バスの運転手さんに降りますと伝えて、ホテルまで向かう。
が😭

すごい坂道!!そして迷路のような旧市街。
道に迷ってると、目が合ったおじさんが連れてってやる、と言う。
家の掃除をしてたっぽいけど、その手を止めて、
おれに着いてこい、と言う。
いい人なの?

 

勝手にガイドしてチップ請求するチップ大国だと聞いたことがあるモロッコ。
この人いいひとなの?それだけ先に教えて!

着いて行こうか迷う間も無く、グイグイ着いてこいと言うおじさん。
でもちょっと待って!
わたしのGPSはそっちを示してないの😭

モフさんが着いて行ってしまう〜。

どうすればいいんだ〜。

と、体も心も全然着いていけてないわたし。

ちなみにおじさんはホテルの場所を知ってるわけではないので、
いろんな人に聞きながらホテルに到着。

 

そしてチップをくれと。
よく見ると、ココ、さっきいたトコからメッチャ近くないか?
と訝しげに思いましたが、連れてきてもらったのでチップ払って帰ってもらいました。
ちなみに、チップ払うまで帰ってくれません。
まだ換金してなくてユーロしか持ち合わせてなかったので、
今思えばかなり高額のチップを支払ったなぁ〜。
と思いました。
チップ大国モロッコ。

知らない街で宿を探すときは、バスターミナルや駅に近いとか、
大通りから近いとか、そういうの大事なんだね〜😭

勉強になりました。

 

ホテルはモロッコっぽい可愛い感じ。
Dar Rifさん。
チェックインは13時なのに、10時に着いてしまった我々に、朝食をサービスしてくれました。
なんて良心的な(●´ϖ`●)

 

部屋は4階で、テラス直結。
誰もお客さんがいないのをいいことに、テラスでのんびり。
ただ、4階まで上がるとWiFiが繋がりにくくなるの💦

 

↑部屋の窓から

明日はカサブランカに移動したいので、バスチケットを買うためにバスステーションを探しに探検。

噂には聞いてたけど、暑いなモロッコ💧
周りを見ると木陰でのんびりしてる人がたくさん。
ラマダンって、日中は食事はもちろん、水すら飲めなくて、
敬虔な信者は唾液も飲まないほど。
わたしはイスラム教徒ではないので、水飲んでもいいはずなんだけど、
なんとなく飲めない雰囲気。

 

バスステーションを探して歩くこと1時間。
警察官は道を聞いてもチップを請求してこないので、
なるべくそういう人に聞きます。

国営のCTMと民営のバス会社があるんだけど、
バスステーションは離れてることが多くて、
この日は、あまりよくわからずに民営の方に向かいました。

バスステーションに着くと、すごい勢いで
「カサブランカ!カサブランカ!」
「ラバトラバト!」
と言ってるおっさんがたくさんいる!

セリなの?チケットの市場なの?
というほどの威勢の良さ。

バス会社によって、値段と出発時間が若干違います。
カサブランカまで一人80dhでした。
もしかしたらもっと安いのがあるかもだけど、まぁ妥当な額だし、都合良い時間で運行があるバスにしました。
英語で案内してくれたモロッコ人にチップを渡すと、
もっとくれと言う。

みんなそう言うんだ(●´ϖ`●)

一回渡すと、もっともっとと言うんだ(●´ϖ`●)

たまには渡す方の身にもなってほしい。
または、いくらが相場か教えてください。
とはいえ、納得いってくれないと帰ってくれませんので、
なんとなく妥当な額を渡します。

20dhくらいだったかな〜。
日本円で220円ほど。

 

歩いてホテルまで帰ったけど、片道2キロ弱の道のり。
明日もバスターミナルまで来なきゃいけないのに、ザック背負ってこの距離は無理だ〜😭

と言うわけで、タクシーに乗りたいと提案。

 

宿の人に相場を聞いたら、15から20dhとのこと。
わたし的には1000円払っても十分な暑さと重さと距離と勾配。

モロッコはタクシー安くて助かります。

✴︎
✴︎
ホテルに戻って休憩〜。
部屋のエアコン16度に設定してあるのに、
外の日陰より暑いのなんでだろ。

夜まで休んで、日が暮れてからちょっと散歩。
旧市街は迷路のようになっていて、治安も悪いので、
散歩はほんとちょっとだけ。
買い物もいろいろしたいけど、マラケシュとかフェズに行けばもっとあるかなと思ってやめました。
夜は、ホテルの近くのレストランでモロッコ料理を食べました◡̈♥︎

サラダとステーキと野菜のタジン、コーラで245dh。
野菜たくさん食べれて幸せだった〜♡
写真ないけどすごーく美味しかったです。

実は、モロッコでカメラや携帯を使うと、
危ない目に遭いやすいのでは、というわけで、
あまり写真ありません。

↓かろうじて、宿のテラスからの写真です。

 

明日はカサブランカに移動です。
バスで6時間とのこと。
宿はとりあえずとってあるけど、バスステーションがどこなのかも分からず、辿り着けるか不安😭