6/26(月)暴走タクシーからフェリーへ猛ダッシュ

 

 

こんにちは٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱
よくよく計算したら、このペースで行くと、来年の3月までに日本に帰れないかもしれない、
そんなことに気づいてしまった今日。

旅の巻き方がわからない…(●´ϖ`●)

 

✴︎
✴︎
✴︎

宿から歩いてタクシーに乗り、バスステーションまで行くと、
ctmのフロントデスクとカフェと売店が閉まっていた…。
水を買いたいけど、どこも開いてなくて、人に聞くと、
昨日ラマダンが終わったから、みんなバカンスに行ってますとのこと。
そうなんだ〜😭
宗教的なアレだからなんも言えないけど、水すら買えない日がくるとは思わなかった…。
喉カラカラだけど、我慢するしかない。

昨日までは、ラマダンだからという理由で、ほとんどのカフェやレストランが昼間は営業しておらず、
終わったと思ったら、こんな感じにるんですね(●´ϖ`●)
勉強になりました。
どうりで、宿のスタッフもずーっと寝てたわ💦
危うくホテルから出れないかと焦りました。

✴︎
✴︎
民営のバス会社でチケットを買い、セウタまで行きたいと言うと、テトゥアンで乗換えろと言われ、
チケットはテトゥアンまで2人で50dh(約550円)

現地通貨あんまり持ってないけどいざとなったらユーロで払おうと思ってましたが、
荷物預ける時に、10dhと言われ、ユーロじゃダメな雰囲気。
テトゥアンからセウタまで無事に行けるか不安になりつつも、
バスに乗ります。
テトゥアンに着いて、チケット売り場に行くと、
セウタ行き?バスいないからもう今日は無理なんじゃない?
みたいなこと言われた😭
乗ってきたバスのスタッフに
セウタに行きたい、なんなら今日中にマラガまで行きたい!
と言うと、
市内までタクシーで行って、そこから違うタクシーで行きなさいと。
ナニソレ。最初のバスの窓口の人、そんなこと言ってませんでしたけど!

と、不安になりつつも、その辺にいたタクシーにセウタに行きたいと言うと、
スペイン語とアラビア語しか喋れない。
ので、違う人が通訳で入ってくれて、
こいつらセウタ行きたいんだけど、行ける?
って聞いてくれて、だいじょぶだと言うので乗ることに。
ちなみに確認すると料金は200dh.支払いはユーロでもいいと言うのです。
バスより高いけど、仕方ない、というわけで、
水買ってタクシーに乗り込む。

スペイン語でめっちゃ話しかけてくるんだけど、
もちろん何言ってるか分かんないから、早く着いて欲しい。
そして静かにして欲しい。

テトゥアンからセウタまでは約40キロ。普通に走ったら1時間以上かかります。

おじさんは、道がまっすぐなのをいいことにめちゃスピード出して、
キャーとか言うと嬉しそう。
そしてスペイン語。
だからわかんないっつーの。

そして、途中で、ガソリンスタンドに。
え?ガソリン?
と思って見てると、
ガソリンないから、ガソリン代払ってくれる?と言う。
そんなタクシーあるか!
と思ったけど、モフさんが言うにはボッタクリの常套手段とのこと。
いくらか聞くと20ユーロ。
ということは、40ユーロも払うの?モロッコで?

いろんな気持ちになりますが、
車止められた時は、何を言ってるのか分からず、こちらの言いたいことも伝えることが出来ず、
マル「え?何言ってるの?ここで降ろされるの?」
スペイン人「お金もっとちょーだい。」
マル「え、何のお金?国境越えるやつ?船の代金?」
スペイン人「いや、ガソリン代だから。」
マル「ユーロ使えないの?」
スペイン人「20ユーロと200dh同じ紙幣価値だから!どっちでもいいからちょーだい。」
マル「え?なに、ユーロ使えないの?」
ふりだしに戻る。

そんなやりとりが言葉の壁を越えて約15分ほど続いた。

隣に停まった車に、英語がちょっとわかる人がいて、
内容を教えてもらうと、
運転手さんはセウタまで行くけど、ガソリン無いからあと20ユーロ出してって言ってます。
とのこと。
予想してた感じのボッタクリ。
まあ払うしかないので、オッケーということで、とりあえずガソリン代の20ユーロ払って、また爆走ドライブ再開。

…(●´ϖ`●)

ってかガソリン入れなかったよね、今。

 

✴︎
✴︎

 

船に乗る前に、旅行代理店に行き、チケットを購入。
代理店の方が安いらしいです、わかんないけど、、、買うしかない。
料金は2人で470dh。
16時のフェリー。
時計を見ると12時くらいだから、14時半のでも間に合うんじゃないのかなぁと思ったけど。
無いっぽいので(●´ϖ`●)

そこから国境まで爆走。

国境に着くと、出国審査があります。
タクシーを降りて、歩いてイミグレーションへ。
スペイン人の運転手が、ザックも持ってけと言うので、とりあえず背負ったけど、
またこのタクシー乗るのに、持ってかないといけないのかぁー😭

モロッコからスペインに行くこのルートは、出国スタンプ押してもらえない場合もあって、
少しでも怪しまれると出国できません。
ちゃんと日本人らしくして!とモフさんに言われて、フニャッとしてしまったー😭。
なんとか出国できて、次は荷物チェック〜と進みます。徒歩で。

 

なんか感動。
国境越えてます、今私たち。

爆走スペイン語タクシーの疲労と心労と、前日の寝不足と、おなかこわしてるのといろいろで、ヘロヘロになりながらスペインに入国(●´ϖ`●)

✴︎
スペイン入国?
さっきの爆走タクシーに結局20ユーロしか払ってないけど、いいのかなぁ。
と、一瞬思ったけど、めんどくさいので別なタクシーに乗り込みます。
メーター付いてて安心。

セウタの港までと言うと、結構急いで送ってくれました。

まだ14時前で、船は16時だから、ちょっとゆっくりできるね〜とか言っておったら、

船乗るとこの人達が、
走ってチケット買って来いと言う。

え?なんでなんでなんで。

と焦りながら考えると、モロッコからスペインに入った時に、時間が進んでしまっていた!
いわゆる時差です。
歩いて国境越えたから気づかなかった(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)

2時間時計を進めると、16時8分前(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)
普通に間に合わない。
チケットの人も、もうクローズしたから無理ですと言うてます。

じゃあ次の船にチェンジして〜!と言うと、
次の17時半のチケットを発行してくれました。

で、2階の船乗り場まで行くと、さっき走れと言った人達が、
荷物検査を急ぎめでやってくれて(ほとんど見てない)
走れー!と言う。

えーもう無理😭
さっきも書いたけど、満身創痍なのよこう見えて💦
加えて心のダメージもあるの今日は。

とはいえ、走る姿を見せるしかない。
少しでも歩いたら、
あーあいつら遅れてきてるのに急いでないから置いてこ。
とかになるかもしれない。
むしろ、実は今、この手にあるのは17時半のチケット!
を、持って16時のフェリーに乗ろうとしてる確信犯です(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)

前を走るモフさんに10メートル以上の差をつけられ、ゴールイン。

 

長かったー!

 

20キロのザック背負って50メートルを一生懸命走りましたが、
全然進んでなくて、悪い夢でも見てるかのようでした。

最後のダッシュが仙骨にキタ。

 

✴︎
✴︎
重い荷物を置いて、デッキに出ると、スペインぽい街並みと海とカモメと青空。

旅っぽかったね、今日。

とモフさんが言う。

 

そもそも旅とは…。

 

と、遠い目になったわたし。

✴︎
✴︎

そもそも旅とは。

 

ねぇ教えて、カモメさん。

 

 

 

✴︎
✴︎
✴︎

アルヘシラスまで1時間。
かなり上等な船で、タリファ→タンジェと違って快適な海の旅でした。

↑船の中

 

✴︎

✴︎

 

 

アルヘシラスに着いて、バスステーションまで行き、
マラガまでのチケットを買って、しばし休憩。
マラガまでは3時間くらいで、15ユーロ。

アルヘシラスはモロッコ色が強いので、今日はお店ほとんど閉まってました。

セウタからスペインだったんだけど、国境越えた瞬間から、タクシーはメーター付いてるし、車はピカピカで道路も綺麗だし、建物もしっかりしてるし、なにこの安心感。

ヨーロッパ大好き。

 

✴︎
✴︎
マラガに着いたのが22時くらいで、そこからタクシーでピカソ美術館へ。
ピカソ美術館のすぐ裏に安宿を予約してあったので、今日は寝るだけ(●´ϖ`●)

モロッコの宿の見つけられなさに比べると、スペインはすぐ見つかるから安心。

高いけど😭

 

お風呂入って寝ます🛀

たくさん乗り物乗ったなぁー。

✴︎
✴︎

 

長文読んで頂きありがとうございました。

 

2 件のコメント

  • ラクダは痛い、タクシーはぼったくられる、この2つは学びました(笑)

    新婚旅行来年の3月までなんですね!
    驚きました( ̄▽ ̄;)

    • こんにちは。
      なかなか返信できなくてごめんなさい!
      ボッタクられるのはタクシーだけでなく、なんでも空きあらばボッてくるので、もし行かれることがあれば気をつけてください٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱
      らくだは丈夫なズボン履いていけばある程度大丈夫かと!
      モフさんのブログは、いま心の準備中なので、しばしお待ちを!