こんにちは。
タリンから次の国、ラトビアのリガへはエコラインズというバスを使う予定です。

初めてのバスだから心配。
乗り方とか、バス停とか、心配。

ちょっと遠いけど、バス停まで行ってみることにしました。

歩いてると、途中から、なんだか人がある一定の方向へ向かっているような…?
着いて行って見ると、なんとマーケットが開催されているではないですか。

中は写真ダメって言われたので、ビビリな私は一枚も撮れずというか、写真撮ってる場合じゃないくらい興奮しちゃうの市場って♡

ちなみに場所はここ。

ごめんなさい、メチャ見にくいですけど、タリン市街から東に2キロほど歩いたとこです。

マップスミーではKeskturgと検索すると出てくると思います。

(●´ϖ`●)

食料メインかなと思いきや、奥の方には服や雑貨も。
アンティークマーケットではないので、ほんと不用品って感じです。
その中で、布の山を発見。
布が好きなのですわたし。

掘り起こして、気に入った7枚の布をGET。
一枚0.5ユーロとのこと。
激安。
かわいい布安くGETできて幸せ〜♡

✴︎

↑バス停も確認できたし、旧市街に戻りまーす
✴︎
タリンを上から眺めることができる、教会の塔に登りました。

✴︎
素晴らしい景色〜♡

タリンは文化遺産もあって、お土産も豊富で、景色も素晴らしいから、
もっと観光客がいてもおかしくないんだけど、
そこまで多くないのです。
不思議(●´ϖ`●)

 

✴︎

ちなみに城壁に入るとこはこんな感じ。

門が無くて門塔だけ残ってます。

そして、昨日の広場に戻って、露店を物色。

ニット製品が多いですが、機械で編んであるのと手編みは明らかに品質が違っていて、値段も手編みの方がもちろん高いです。

今は真夏だし、北欧とはいえ、普通に半袖で過ごしてるし。
セーターなんてなかなか買えないよなぁ〜と思って、ふと見ると、
手編みのウールの素敵なセーターがある!
今は真夏だし暑いんだけど、ちょっと試着しちゃう。

着てみると、手編みのなんともいえないふんわり感〜。
お値段は75ユーロ。
手編みの割には安い、安すぎ。
買うよ、ありったけ。
と言いたいとこですが、持ち歩くの大変なので、
モフさんと自分用に2着購入。
この素晴らしいセーター、日本で買ったら5.6万はします。
デザインは、わかりやすく言うと三國万里子さんみたいな、ほっこりした雰囲気のものです。

いい買い物したなぁ〜。
真夏にウールのセーター!!

さらにさらに。
すっごく素敵な手編みの手袋があったんだけど、80ユーロ以上するんです😭
デザインもオリジナルだし、かなり綺麗に編んであるから、その値段の理由は分からなくもないのですが〜。
手が届かず…。

帰国したら頑張って編んでみます(●´ϖ`●)
✴︎

 

その後は、昨日も行ったケーキ屋さんでお茶。
ケーキ一個1.2ユーロですよ。
あまり期待せず食べたけど、メチャ美味しかったです!
お夕飯は、スーパーで寿司を購入。


鳥レバーとハーブバターもパンに付けると激ウマ〜♡
タンのゼリー寄せみたいなのもおいしくて、タリンのスーパーはかなりハイレベルでした。

自炊できる宿でほんと良かった〜。

部屋でゆっくりしながら今日買って来た布を鑑賞。

✴︎
✴︎

 

明日はリガに移動です。
リガも同じようにリネンやウール、木工が盛んとのことで、
楽しみ〜。
✴︎

 

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。