こんにちは。マルです(●´ϖ`●)
2ヶ月以上経つのに、いまいち髪が伸びません。
なぜだ〣( ºΔº )〣

 

 

✴︎
✴︎
さてさて、チュニジアのホテルは朝ごはん付きのとこがほとんどです。
こちらのホテルではレモンジュース、コーヒー、パン、お菓子、ゆで卵が着いてました◡̈♥︎

ゆで卵美味しかったなぁ。

朝ごはん食べて、いざ観光〜٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱

↑路面電車も走っていて、予想以上に発展してます。

ヨーロッパっぽい建物もたくさん。

✴︎

✴︎

チュニスにはスークと呼ばれるバザールのような市場があります。
私のチュニジアでの目的はスークで買い物をすること!

↑魚もたくさん。

 

モロッコは旅の最初すぎて、買い惜しみしてしまったのよ〜(●´ϖ`●)
今回は色々買ってまとめて送るつもりです٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱

チュニスのスークは大きくていろんなものが売ってました。

が、明日行くスファックスがチュニジアの大阪と言われるような場所で、
値段もかなり違うとのことで、ここでは我慢しました。

で、スークは眺めるだけで終わり。
午後からはカルタゴ遺跡へ行くことに。
カルタゴ遺跡を調べてみたけど、
遺跡の場所が点在していて、電車で徒歩だといろいろ行きにくいみたい。

ひとつかふたつ見れればいいので、とりあえず電車で向かうことに。

 

駅はこんな感じ。

薄暗い倉庫のようです。

チュニスから西へ向かう電車は、昨日のフェリーターミナルを超えて北に伸びています。
何故、昨日タクシーを勧められたのかというと、フェリーターミナルの近くの駅にはなんと電車が止まりませんでした。
理由はわかりません。

 

電車の値段は、往復1.3ディナール(1ディナール=45円)です。
切符買うとこはあるけど、降りる時はほぼ無人駅で、車掌もいないです。

電車はレトロで、ドアは手動です。
乗ってるとドアが開きます(●´ϖ`●)

大きな湖の上を電車(しかもドア開放)が走るのが気持ちよくて、
ヨーロッパとは全然違う雰囲気でいい気分。

カルタゴ遺跡周辺の駅で適当におりました。

 

白い家とブーゲンビリアのピンクのコントラストが素敵な街並み。
しかも向こう側は海!
チュニジアのイメージって、もうちょっと砂漠っぽいというか、スラムっぽいというかなんというか…。
だったけど、こんなに綺麗な場所があるのねー!

 

 

歩いていると、昔の港の遺跡に到着。

保存状態はあんまり良くないようで、チュニジアが観光地としてイマイチなのは、素晴らしい遺跡がほぼボロボロだからなのかもしれません。

遺跡デートをして、博物館にも入ってみました。
博物館の入場料は1ディナール。
安すぎ(●´ϖ`●)

休憩がてら入った博物館でしたが、ちょっと水族館みたいなとこもあって、コスパは高かったです。

 

出てきたタイミングで、欧米人の家族に、
どうだった?ココって良かった?
と聞かれて、迷わずサムズアップしました٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱

 

 

 

✴︎

✴︎

 

 

その後、ホテルに戻る途中で、翌日のバスターミナルを探そうということに。
事前に調べたところ、国営のバスがあるという話でしたが、
誰に聞いても鉄道かルアージュを勧められました。

 

ルアージュとは、乗り合いバスのことで、ほとんどが9人乗りのバンです。
行き先が同じ人が集まって、人数揃ったら出発するという、地元民の乗り物。

 

その乗り場がかなり遠くて、分かりにくく、結局一度ホテルに戻り、ご飯を食べてからモフさんが1人で行ってきてくれました😭
いつもごめんね。

バス停の感想は、
とにかく凄かった!

とのこと。
ドキドキですね…。

 

とりあえずバスの時間は決まってないようなので、早めに出発しようと思います(●´ϖ`●)

 

チュニジアはもともと行く予定なかったので、あまり調べておらず、
それが逆に楽しい!