9/21(木) トビリシでアゼルバイジャンビザ

ガマルジョバ!(こんにちは)

モフとマルです!!

朝起きるとマルさんが昨日お店で作ってもらったケバブを夢の中で何回も作って覚えたとか。

確かにあれは凄く美味しかったので日本に帰って再現出来たら良いなと思います!!

でもマルさんは基本しょうもない夢の報告ばかりです。

 

今日はアゼルバイジャンビザの申請に行って来ました。

必要な物は以下の5点。

・写真3×4cm

・パスポート原本

・パスポートコピー

・日本大使館のレター

・滞在先の分かる書面のコピー

↑はBooking.comでキャンセル無料のホテルを予約して予約確認書のPDFを宿でコピーしてもらいました。

ちなみにビザの申請料はかかりません!!無料です!!

 

さっそく朝9時過ぎに宿を出てバス停へ。

まずは日本大使館の推薦レターをもらいに日本大使館へむかいます。

シオニ大聖堂の前にあるSioni Churchというバス停から31番のバスに乗車。

8駅目のKrtsanisi Street #7で下車しました。

だいたい2回曲がって坂道を走り始めたあたりです。

運賃は1人50セント・ラリです。

Krtsanisi Street #7のバス停を降りると日本大使館が見えます。20歩くらい。

開館時間は9時30分から。

入り口でパスポート以外の荷物を預けて入館。

日本語の簡単な書類を記入して提出。

待っていると日本の方が推薦レターを持ってきてくれました。

 

先ほど降りた反対側のバス停のから同じ31番のバスで6駅戻ります。

Ortachala駅で降りると目の前にアゼルバイジャン大使館があります。

間違って正面入り口に入っちゃいましたがビザの申請は裏でした。

荷物チェックをして中へ。

一度、必要書類が全てあるかを確認してくれました。

ビザの申請用紙をもらい記入。

なんとなく記入して提出完了。

申請中にアルメニアに行こうと思っていたので。

理由は言わずにパスポートは返してもらえないか?と聞くと優しいおじさんの顔が鬼っぽくなり、なぜ必要なのか?と聞き返してきました。

ホテルで必要。

と伝えるとコピーをして返してくれました。

ビザの発行はちょうど1週間後の9月28日16時。

 

帰り道で2人で話し合って、今回はユーラシア大陸をなるべく陸路、海路で横断することが優先。

もしアゼルバイジャンに入国できない場合は完全に道を断たれてしまいます。

アルメニアにはちょっと行きたかったけど今回はやめてジョージアを満喫することにしました。

 

銭湯が見えてきました。

この辺りはハマムやお風呂があるようです。

 

正面のウズベキスタンにありそうな青の建物もお風呂です。

ちょっといい値段しそうな雰囲気が出ていました。

お土産屋さんがありました。

フェルトのロバ。ちょっと面白くて可愛いです。

可愛い靴下もありました。

あんまり食べれるお店が見当たらなくて、観光地ど真ん中にあるお店へ。

シュウマイのような郷土料理が45分かかるということで、ピザにしましたがグルジアのピザ凄く美味しいです。サラミが違います。

ちょっと天気が悪くなってきたので帰宅。

帰り道にずっと気になってたコレを買ってみました。

触るとブニョブニョ。

あとで調べたらチュルチュヘラというスイーツでした。

くるみを紐で通し、周りをぶどうジュースと小麦粉を混ぜたもので覆い、乾燥させて棒状にしているみたいです。

覚悟はしてたけどやっぱり美味しくありませんでした。

食べ方を間違ったのかなー。

 

お土産屋さんで買ったジョージアの黄金トランプ。

今日はこれで遊ぼうと思います。

夕飯は今日もケバブ!!

これがマルさんが昨日の夢で作っていたケバブです。

 

明日はロープウェイで山の上へ行ってみようと思います。

それでは、おやすみなさい!